フィリピンに恋して。
~フィリピン・バギオのリアルライフ~
フィリピン

【リベンジ】バギオのナイトマーケットでバロットを克服した話。

Magandang gabi! コノミです。

前回は、念願のバロットをせっかく手に入れたにも関わらず

あと一歩のところで食べられなかったという記事を書きました(まだの方はこちら←ブログを始めたばかりで新しく覚えたワザ【リンク付け】にハマっている

あの恐怖体験の一週間後に、ナイトマーケットにてあっさりと克服したのでその話について書きます。

バギオのナイトマーケット事情

 

毎日21時から深夜2時まで開市。

道路を塞いで夜だけ市場にするので、開市の30分以上前から商品や道具一式を持った人と待機客がずらりと行列しています。

 

 

21時になった瞬間に一斉に準備開始するので、20時30分頃から行って、マーケットが出来上がる風景を見るのも面白い。

さあ今夜も売るぞ!って活気がすごい。

さっきまで道路だったのが、ものの15分でマーケットに早変わり。

 

 

彼が幼い時は、セッションロード付近でMami(ラーメン)を歩き売りするおじさんがいて、一杯15ペソで売っていたのだけど、

今はそういう人たちがみんなナイトマーケットに流れてしまったらしく、残念だと言ってました。もちろんナイトマーケットの方が観光客が多いため、高く、大量に売れるからだけど、小さい頃からなじみのあるものがなくなってしまうのは、いつだって寂しいよね。

いざ、実食。


今回は絶対にイケる自信があった。

なぜなら、前回の考察をもとに敗因をすべて取り払ったから。

舞台は深夜まで多くの観光客で賑わうナイトマーケット。

孤独で怖くてしょうがなかった前回とは違う。

そう。万が一何かあっても助けを求める人がたくさんいる…!!!(今思えば何かってなんだ?雛鳥が急に生き返るとか?)

私は自信に満ち溢れていた。

↓↓↓そして、奴を発見。↓↓↓

BALUT 15ペソ
PENOY 12ペソ

バロットは有精卵でアヒル入り。ペノイは無精卵なのでアヒルなし。

PINOYだとフィリピン人という意味になってしまうので気を付けてください。

 

へっちゃらだと思っていたのに、いざ屋台を目の前にしていつでも食べていいよー!ってなると、また足がすくむ。

すると、邪魔だと言わんばかりに私の横をすり抜けてバロットを買っていく観光客がぞろぞろ。

すると、私のローカルフードファイター魂(自称)に火が付いたのです。

この人たちに食べられて私に食べられないわけがない・・・!

 

意を決して手を伸ばそうとすると、そこへ6人ほどのフィリピン人男女グループが屋台の前に。

そのうちの一人の男性がバロットを買おうとして、私に気付いて譲ってくれようとしたので

ここぞとばかりにどうぞ!!!!!と譲り返した。(心の声「やった!!!!!」)

実際には「You first!!!」と言ったので、「あなたが先に食べてみせてよ!」って感じだったと思う。(初対面で図々しい)

 

快く先にいってくれた。お酢と塩をこうやってかけるんだよーって教えてくれた。

セブ島出身だという彼から、直々にバロット食べ方講座を受ける。なんて贅沢なコース・・・!

彼らが美味しそうにいただく姿をしっかりと見届けて、いざ実食。

 

 

うん。ゆで卵とチキンの味。ふつうにおいしい。

ちょっと羽根の食感があるけど、別に気にならない。

こうして、トラウマだったバロットをあっさり克服したのでした。

意外とチョロかった。

(あの恐怖は一体なんだったんだ・・・)

 

余談ですが、バロットは精力増強に効果的だということなんですけど、セブ島出身の彼はお腹が空いたとかなんとか言って3個も食べてた

髪型もばっちりキマってたし、心なしかめちゃくちゃ生き生きとしてたし、その夜どういう予定があったのか気になる。(確実に余計なお世話)

【考察】バロットの数だけドラマが存在する

バロットを初めて食べた感想は、

ゆで卵とチキン。それ以上でもそれ以下でもない。

それ以外に言えることは、

私が今回実食に至るまでに一度の挫折を味わったように、

世界にはバロットの数だけドラマが存在するということです。

私に食べ方講座をフリーレッスンしてくれたセブ島出身の彼だって

あの後恋人と熱い夜を過ごした末プロポーズ→結婚したかもしれないし

はたまたプロポーズするも振られてしまい、今は新しいパートナーと幸せに暮らしているかもしれない(妄想)

そう考えると、バロットっていう食べ物は奥深いと思いませんか?