フィリピンに恋して。
~フィリピン・バギオのリアルライフ~
バギオ

バギオの温泉は本物か?人気温泉街”Asin”に潜入してきた

Magandang hapon!コノミです。

あけましておめでとうございます。
(クリスマスから年末年始にかけて個人的なことでとってもバタバタしていて、完全に更新をサボってました)

新年を迎えたのでこの場をお借りして、

いつもブログを読んでくださっている方、また今回初めて私のブログを開いてくださった方、改めて本当にありがとうございます^^
2020年、一人でも多くの方に、大好きなバギオやイフガオの魅力を知ってもらえたらいいなー!という気持ちでまたブログ頑張ります。

 

ということで、12月からベストシーズンに突入したバギオよりお送りします。(2019年の12月は私の記憶してるだけで2回しか雨を見なかった。みなさん、来るなら今です

クリスマス休暇を使って、彼の家族と一緒に

バギオの人気観光スポットの一つである「アシン温泉街」に行ってきました!

この記事では、数ある温泉リゾートのうちのひとつ「Riverview Water Park」についてリポートします。

アシン温泉についての記事は複数あったけど、まだこのリゾートについて書いているブログはなかったはず…!

バギオで唯一湯舟に浸かれる場所?”アシン温泉”とは

フィリピン人も日本人も口を揃えて Asin, Asin アシン温泉、アシン温泉っていうけど

よくよく調べてみると、アシン温泉っていう温泉があるんではなくて、アシンロードという道を下った先にある温泉街のことを総称して「Asin Hot Spring」と呼んでいるらしい。

 

▼今回遊びに行ったのはRiverview Water Park

 

温泉街はバギオ市内から車で40~50分。San Juanなどの人気ビーチリゾートに行こうと思うと2~3時間かかるので、この距離は嬉しい!

ジプニーやタクシーなどの公共交通機関を使って行く方法がありますが、私は今回レンタカーを借りて大勢で行ったので、

交通については他の方のブログをご参照ください!(2020年も安定の他人任せ)

フォトスポットでもあるAsin Tunnelを越えるとそこはもう温泉街。
※ここはフィリピンなので草津温泉のような温泉街を想像して行くと痛い目にあいます

Asin Tunnelに突入した途端、彼の妹たちが大はしゃぎだったのを見て、そういえばバギオでトンネル見たの初めてかもしれないな~って思った。日本はトンネル多いよね。

そこから5分も走ればRiverview Water Parkに到着です!

エントランスの写真は撮り忘れました。

フィリピンde温泉!入場料は?

・4Ft以上 150ペソ(約325円)
・4Ft以下 100ペソ(約215円)
年齢ではなく身長によって決まる入場料。ウォータースライダーの身長制限の関係ですね。
背の小さな子を持つ親は大喜びしてた。笑

清潔&充実した施設!

入場したら、まずは陣地確保を

東南アジアのリゾートチックなテーブルがとにかく沢山あって、それぞれに番号が振られている

週末や祝日はお昼頃からかなり混み合うので、なるべく早い時間の到着がおすすめ。

帰りも夕方はシャワールームが混み合うので、早めに退散しましょう。

私たちは9時半頃に着いたらテーブル選び放題でした!

種類豊富なプール&温泉

プール&温泉に入る前に、マナーとしているかのシャワーで身体を洗い流すのを忘れずに。

他のリゾートに行ってないので比較できないのですが、Riverview Water Parkは、広い。

5つのプールと4つの温泉、それにスライダーも3~4種類はあって充実。

キッズが多いので浅いプールは大混雑だけど

大人用の深いプールは誰も使ってなくて、ほぼ貸し切り。(笑)

バギオでのスパルタ勉強生活に疲れ、人のいないプールで思う存分泳いでリフレッシュしたい留学生、是非!

 

▼午後になるともっと混みますキッズ用のプール

▼まったく人気なくてほぼ貸し切り状態の大人用プール

▼一番奥に見えるのが温泉

写真を見るとわかるように、バギオのプールでは(海でも)水着の上に洋服着用が基本スタイル。

私は去年、そんなこととは知らずビーチにビキニ持参したら、彼のお母さんに引かれました。

ビキニで歩いてたら注目の的になるので日本人のみなさま、注意が必要です。
(実際にビキニ着てインスタ映え写真撮り合いっこしてる韓国人観光客がかなり変な目で見られてた笑)

お昼はワイワイバーべキューがおすすめ

施設内にレストランはなく(宿泊用のホテルがあるのでそっちにはレストランあるっぽい?けど調べてない)現地の人はみんな食糧持参。

食べ物買ってきて食べてもいいし、バーベキューセットがあるので(セットというか網だけ)お肉でもお魚でも焼いちゃってください。私たちは朝マーケットで食材買って、家からお皿やコップ等は持っていきました!

写真撮り忘れたけど食器を洗う流し台も完備。

施設内にかなりしっかりしたストアがあって、そこでプール&バーベキューに必要なものはなんでも揃うので買い忘れても安心。(水着、浮き輪、ゴーグル、皿、コップ、包丁、スプーン、フォーク、飲料、野菜、カップ麺、薪、炭etc.)

清潔なトイレ&シャワールーム

このトイレとは別に、シャワールームがある。

日本人ならこの項目は気になるところだけど、イヤな臭いもなく、清潔。

当然、水シャワーなのでバギオでは少し寒いですが。

アシン温泉は、本当に温泉?実際に浸かってみた

それで肝心な温泉はどうなのよ?

と、そろそろ気になっているところだと思いますが、

▼こちらがその温泉です。

このサイズ感の温泉が、計4か所。そのうちのひとつは水風呂だったかな。

というか、もうもったいぶらずに結論から言いますが、

 

全部水風呂でした。はい。

 

以前、他の方のブログでアシン温泉は本物だった!ちゃんと熱い!気持ちいい!最高!みたいな記事を読んだことがあって

それが記憶にあったもんだから、正直かなり期待してた私。

フィリピン人の家族みんな、Hot spring! Hot spring!って言うでしょ。

数か月ぶりに、ちゃんと熱い湯舟に浸かれる…!って。かなりわくわくしてたの。

 

いざ入ってみたら・・・なんだろう、35℃くらい?それ以下かな?

なので、正確に言うと水風呂ってことにはならないんだろうけど、私の高まった気持ちとの温度差で考えると、あれは水風呂と言っても過言ではなかった。

冷たっ!!!って叫んだもん。

もともと寒がりなのもあって、フィリピン人が「Hot! Hot!」って言ってる横でリアル鳥肌たちまくりでした。

 

結局、気温15℃のバギオで生ぬるいお湯に浸かっているくらいならいっそのこと冷たいプールで泳いでた方が身体があったまると判断し

バギオの温泉街で一生背泳ぎしてました。※背泳ぎしかできない

まとめ:アシン温泉、大満足だった

バギオにきて、こういうリゾート施設に遊びに行ったのは初めて。

正直フィリピン(しかも山奥のバギオ)のリゾートと聞いてまったく期待してませんでした。ごめんなさい。

でも、Riverview Water Park、とってもよかった!大満足!

なんなら、学生時代は毎年のように行ってた東京サマーランドやとしまえんよりもいい。(※あくまで個人的な感想です)

いや、肝心な温泉は水風呂だったんだけど。

それなのにこの満足感は、一体なんだろう?

ロープライス、ハイクオリティ

・5時間滞在して、
・人のいないプールで思う存分背泳ぎして、※もう一度言います、背泳ぎしかできない
・順番待ちのないスライダーで遊び放題で、
・バーベキューし放題で、
・綺麗なシャワールームでシャンプーまでできて、

※ちなみにこれはベストシーズン12月のバギオです

この施設に払ったお金、150ペソ(約325円)。

正直このクオリティでこの価格はめちゃくちゃ安いと思います。

たとえ、温泉が水風呂だったとしても。(強調)

東京サマーランドやとしまえんに行ったら、入場料だけでも3000~4000円、さらに飲食代で1500円として、あと個人的な話ですが私の家からそこまで行くのに電車使って二千円はかかるので(笑)一万円弱はかかるんですよね。

それなのに人混みで背泳ぎはおろか、流れるプールで流されるのも一苦労でしょ。

コスパが悪い、JAPAN。

清潔な施設

私、正直プールってあんまり好きじゃないんですよね。

なんでかというと、あんまり書きたくないんですけど、毛とか、よくわからない白い物が浮いてたり、小さい子がたくさんいると、「みんなオシッコしてるんだろうな・・・」って考えちゃったりして、正直顔とかもつけたくないしで、まったく楽しめないんですよ。(笑)

あと、プールやビーチ施設のトイレ&シャワールームも生理的にダメ。日本でも、全部とは言わないけど臭いとか床が水浸しなのとかどうしても気持ち悪くて(笑)

日本ですらこれだから正直フィリピンのプール(しかも外国人観光客向けのいわゆる高級リゾートではない)・・・一体どんなもんかと、かなり怯えていた。ごめんなさい。

でもそんな私の心配とは裏腹に、このリゾートめちゃくちゃ綺麗!!!
子どもたち、オシッコはしているだろうけど!!!

まずその辺にゴミが落ちてないし、あとプールの水がキレイ。温泉はちょっと濁ってたけど、大人用プールは人気ないからキレイだったのかもw

トイレも、シャワールームも、臭わない&床も清潔。

アシン温泉街の他のリゾート施設はどうかわかりませんが、初めての方にはここオススメ。

“Hot Spring” は「水風呂」

ただし念押しで言いますが、彼らの言う”Hot Spring”はぬるま湯です。

しかもバギオは乾季のベストシーズン(12~2月)でも平均気温は12~23℃の間を行ったりきたり。南国のように灼熱の太陽があるわけでもない。

この施設の温泉が何度か知りませんが、日本では41~44度のシャワーを浴びていた私にとってはふつうに寒い。鳥肌がとまりません。

なので、Riverview Water Parkにジャパニーズクオリティの温泉を期待していかないように。

あくまでもプールを楽しみに行ってください。笑

アシン温泉街 その他のリゾート施設

「アシン温泉街」と一言でいっても、施設ごとにクオリティだったり温泉の水温が全然違うみたいです。

今回、私が行った Riverview Water Park は「温泉」とは言えませんでしたが、他の方のブログを見ると、ちゃんと「温泉」と言えるところもあるらしい。。。!

偶然、いつもTwitterでバギオやイフガオの情報交換をさせていただいてるタビマキさん(@bunbunredbee)が、一日違いでアシン温泉についてのブログを更新していました!(タイムリーすぎるw)
アシン温泉街の中の「Sinot Hotspring」について紹介されているので、見てみては?
→ 【バギオ】アシン温泉(Sinot Hotspring)に行ってみた!どーしても湯に浸かりたくなったら水着で入る温泉があるよ〜