フィリピンに恋して。
~フィリピン・バギオのリアルライフ~
イフガオ

イフガオ民族は血を吐く?道が血で染まる街。【MOMA】の正体とは?

Magandang Gabi! コノミです。

 

二泊三日でイフガオ州キアンガン~フンドゥアン~バナウェを旅行してきました。

9か月ぶり、二度目のイフガオ訪問。

一年前に初めてイフガオを訪れたときの率直な感想は、イフガオ、何もない。

ライステラスで有名なバナウェなどの一部観光地にこそレストランやホテルがあるけど、彼の叔父が住むフンドゥアンの奥地に行けばショッピングモールはおろか、ランドリーショップも、ジョリビーも、電波もない。

代わりにあるのは澄んだ空気、無限に広がる緑、力強く生きる人々、美しい伝統的文化。

何もないけど最高な場所。

それ以来大好きな場所で、やっと戻って来られた…!!!

▼ユネスコ世界遺産に指定される「イフガオ棚田群」は圧巻。写真ではとても伝えきれないので是非行ってほしい・・・

そんな大好きなイフガオだけど、最初行ったときはおったまげた。

だってイフガオに足を踏み入れた途端、通りゆく人々の口が赤く染まり、しかも彼らは血を吐いているんです。

よく見ると、道路にも血痕のようなものが。

何も知らないで行ったから、人の肉を喰う文化でもあるのか?ってリアルに思った。

イフガオ族の口を赤く染める血の正体とは?

安心してください。

このイフガオの人々の口を赤く染める物の正体、もちろん血ではありません。

これはMomaと呼ばれ、ヤシ科の実を細かく切ったものを少量の石灰と一緒に葉っぱにくるんで噛む、いわゆる「噛みタバコ」。

イフガオ州では人々の嗜好品として広く親しまれています。

▼イフガオに入った途端に多く見られる、Momaの木

英語ではBitter Nuts、またアジアの広い地域ではビンロウと呼ばれているらしい。

噛み続けると、唾液と混ざって化学反応を起こし、口の中に赤い汁が溜まる。

溜まった汁は、飲み込まずに吐き捨てる。

Momaが浸透している地域では、人々が吐き捨てたMomaの汁が赤い道路を作る。

軽い覚醒作用があり、依存性もあるらしい。

イフガオにはヘビーモマスモーカーが多く存在し、彼らは暇さえあればMomaを噛んでいるため、常に口が赤く染まっている。

何も知らずにイフガオを訪れ、ふいに話しかけた現地人に微笑みかけられたときの恐ろしいことよ。。(体験談)

なぜ人々はMomaを噛む?

なぜ他の地域では見られないのに、イフガオに入った途端にMomaを噛んでいる人が増えるのだろう?

その理由には、イフガオの気候が関係しているようです。

イフガオ州はルソン島北部に位置し、寒い時期では朝晩が10℃以下まで冷え込むことも。

イフガオ州は広いので、地域によって気候も全然違います。

キアンガン(Kiangang)では半そで+短パン+サンダル、フンドゥアン(Hungduang)ではダウンジャケットが必須、なんてこともあります。

MOMAを噛むと、石灰が口の中で化学反応を起こし身体がポカポカしてくる。

だから特に寒いフンドゥアンではMoma人口が急に増えるという説あり。

あとは現地の人に言わせれば、シンプルにやることがないから らしい。(笑)

たしかに。。。イフガオって観光スポットを除けば山と家とサリサリストアくらいしかないからな。。日々の喧騒に疲れた人がリフレッシュ休暇を過ごすのにはもってこいだけど、現地の人の生活を見ていると軽々しくここに住みたい!とは言えない。

買い物する場所もないし、だからと言って週末が来るたびに棚田を眺めてるわけにもいかないし。

だから休日はみんな昼間からお酒飲んでMomaを噛んでる。

▼フンドゥアンのセッションロード(日本でいう竹下通り的な)。長期滞在だと特にやることもなくなるのでここでビールとバーベキュー(10ペソ)をオーダーするのが最高な過ごし方

Momaはどこで手に入る?

イフガオでの入手方法

Momaは、イフガオだとどこのサリサリにも100%売ってます。

▼Momaの実3つ、葉っぱ5枚、石灰少々の三点セットで15ペソ(約32円)。

ただ、イフガオでは実質無料で手に入るので現地の人はわざわざお店で買ってないイメージですね。

そこら中に生えているMomaの木から実をとり

たまに生えている葉っぱを見かけたらむしって財布やポーチに貯めておく。(ずっとしまっておくと乾燥してくるので採れたて新鮮がいいらしい)

▼手前の黄緑っぽいのがMomaに使用する葉っぱ。黄色は新鮮な証拠

面白いことに、イフガオからバギオ方面に車を走らせるにつれてだんだんとMomaを販売する店舗数が減っていくんです。

バギオでの入手方法

バギオだと、パブリックマーケットやで購入可能。サリサリストアでもたまに売ってます。

去年滞在していたときは見たことなかったけど、Momaってものを知らなかったから目につかなかっただけだと思う。

バギオでは1セット25ペソ(約53円)。イフガオより10ペソ高い。

Momaの作り方

現地の人はこうしてMomaを作ります。

①乾燥させたMomaの実を半分にカットし、さらに細かく砕く(すりつぶしてもOK)

▼これが乾燥させたMomaの実。使うのは種が入っている真ん中の部分

②石灰を少量入れ、葉っぱでくるむ

③葉っぱごと口にいれ、しばらく噛み続ける

④出てきた赤い液体は飲み込まず、吐き捨てる

イフガオの街を綺麗に!MOMAに関する条例

今回のイフガオ訪問で、あることに気が付いた。

去年来た時よりも道が圧倒的にキレイになってる・・・

というのも今回は、日本から来た友人と一緒に行ったので「イフガオに入った途端に道が真っ赤に染まっててびっくりするよ!」という話を事前にしていたのに

一向に血だまりの道が現れなかったんです。

バナウェパブリックマーケットに行くと、その謎が解けました。

NO SPITTING OF MOMA HERE! の注意喚起が、5m間隔で吊るされていた。

なんでも、2019年に制定された条例らしい。だからか~

このエリアは去年真っ赤だったのに、今は跡形もなく綺麗になっていてびっくり!

注)バギオでも3月に「公共の場でのMOMA禁止」というバギオ市の条例が発令されたのでご注意ください。

 

▼条例違反のペナルティはこちら

コート内でMomaを吐くことや、ポイ捨ての禁止。

・一度目のペナルティで罰金50ペソ+吐いたMomaの処理とゴミ拾い
・二度目のペナルティで罰金100ペソ+道路及び下水道の清掃(2時間)
・三度目のペナルティで罰金400ペソ、もしくは道路及び下水道の清掃(4時間)

一度目と二度目のペナルティでは罰金の支払いに加えて清掃が義務付けられるけど、三度目になるとどちらか選べるのね。

それだけ400ペソがイフガオの人々にとっては大きい出費であることが想像できる。

バギオの平均月収が日本円にして大体1~2万円だと聞くけれど、イフガオの平均月収はその半分程度もしくはそれ以下だと聞いたからな。

私だったら今の自分の経済状況でも清掃を選ぶかも。。

現地の友達が欲しくばMomaを噛むべし

もしイフガオで、現地の方とTambay(たむろ)する機会があれば、お酒を飲むより一緒に焚火を囲んでMomaを噛むことをお勧めします!

あっちの人ってバギオやマニラの人と比べてシャイで無口の人が多いです。

でも一度打ち解ければ家族のように温かく迎え入れてくれる。

言葉が通じなくても、お酒が飲めなくても、Momaを噛めば距離はぐっと縮まること間違いなし。

外国人がMomaを噛んだぞ!!!とげらげら大笑いする。

それ以降、「Momaを噛んだ外国人」として仲間認定されますよ(笑)

とはいっても、依存性があるようなのでほどほどにしてくださいね。