フィリピンに恋して。
~フィリピン・バギオのリアルライフ~
バギオ

安くてウマい!現地在住の私が厳選したバギオのローカルレストラン9選

Magandang umaga!コノミです。

バギオでおすすめのレストランといえば、

「Hill Station」「Canto」「Oh My Gulay」「CHAYA」などがよく聞かれます(これはほんの一部。他にもいっぱいある)

私も留学中は友達やフィリピン人の先生から大体このあたりをおすすめされてよく行っていたのですが、

ローカルレスト好きとしてはイマイチ物足りなさを感じていました。

フィリピンじゃなくても食べられそうな味だし、何より毎週行くには値段が高い。

もっと安くてフィリピンを感じられる店はなかろうか・・・

 

その後フィリピンに住み始めて

・留学生の間では知られていない
・地元の人だけで賑わう
・安い、ウマい、ボリューミーの三拍子が揃った

レストランがこんなにもあることを知り、私のバギオ生活に何倍もの楽しみができたのです。

この記事では、バギオに住む私が 他のブログでは紹介されていない つい何度も足を運んでしまうお気に入りの店だけを(本当は教えたくないけど特別に・・・)紹介します。

フィリピン料理はここで食え「EDSYL Canteen Pigar-pigar」

味  ★★★
価格 ★★★
量  ★★★

朝から晩まで地元民で賑わう、24時間営業のローカル食堂。店内はカレンデリア形式、単品でも注文可。

看板メニューは、店名にもなっている Pigar-pigar。でも私はここにくると必ず Sisig を食べる。

※カレンデリア・・・おかずが並べられていて、ご飯+自分の好きなおかずを組み合わせて注文する
※Pigar-pigar(ピガルピガル)・・・薄くスライスした牛肉を玉ねぎとキャベツと一緒に炒めた料理
※Sisig(シシグ)・・・豚の頭、ほほ肉、耳、皮といった部位を細かく刻んだものを玉ねぎやにんにくと一緒に鉄板で炒めた料理

最近シレッと値上げしたけどまだ100ペソ以下キープしてるので許す・・・ここのシシグはシンプルにウマい。。

1本5ペソのShangháiもおすすめなので食べてほしい。
※Shanghái(シャンハイ)・・・フィリピン風春巻きみたいなの

▼シシグ/90ペソ と、奥に見えるのがシャンハイルンピア/1本5ペソ

▼シナグラオ/70ペソ 牛の腸のスープ。苦いから私は好きじゃないけど地元の人に人気

なんか知らないけど店名の「EDSYL」と呼ぶ人は少なくて、日本人の間では「Pigar-pigar」と呼ばれているし、フィリピン人には「Palma Pigaran」(Palma=通りの名前、Pigaran=Pigar+Restaurant)で知られている。タクシーの運転手にもこれで通じる。

この店を知らぬ者はバギオ人ではない「Rose Cafe」

味  ★★
価格 ★★★
量  ★★★

“You’re not from Baguio if you don’t know this place.” と彼が言った店。

言うだけあって、いつ行っても地元民で混雑してる。おひとり様のオジ様客が多め。みんな相席して黙々と食べてる。

看板メニューは Guisado と Chicken/Pork Mami。
※Guisado(ギサド)・・・タガログ語で炒め物って意味らしいけど、この店では汁なし麺
※Mami(マミ)・・・フィリピン風ラーメン

▼マミ/70ペソ

あっさりした鶏のスープにチリカラマンシー醤油をかけて召し上がれ。

客数のわりに席数が足りないので(かといって外に行列するほどのスペースがない)みんな店の中で満員電車のように立って待ってる(笑)

待ってる間に隣のパンデサル屋さんでパンデサル買ってきて、ギサドを挟んで食べるのがツウな楽しみ方。

圧倒的なコスパと安定の美味しさ「Q Sizzling World」

味  ★★★
価格 ★★★
量  ★★★

ここのシシグは何より安い。一度食べたらやみつきに。

▼シシグ/60ペソ。玉子なしなら48ペソ。圧倒的に安い

でも他の店より脂っこいし(写真見ればわかるけど何かかかってる)米の量が多いので、コンディション整えて行くべし。飲んだあとの〆ならペロリといけそう。

メニュー豊富なので他のも試してみたい・・・いつもそう言いつつシシグばかり頼んでしまう私のリピート癖。。

▼店内が可愛い

セッションロードでイゴロットの伝統料理はいかが?「IGOROTS CAFE」

味  ★★★
価格 ★★
量  ★★★

イゴロットとは、フィリピンルソン島北部のコルディリエラ行政地域に住む山岳民族の総称。そんなイゴロットの伝統料理が食べられるのがこちらのお店。

セッションロードを一本曲がったところにあるんだけど、入口はもはや隣の古着屋に浸食されている(笑)

▼店内の装飾やテーブル、椅子などはイゴロット仕様

ベストセラーの Igorots Heavy Mealは、ご飯・炒め野菜・玉子・ピニクピカンに Sisig/Silet Sungo/Pinuneg のどれかが付いて150ペソ。思いの外量が多く残してしまった。。全体的に味は濃いめ。どちらかというとちょっと塩気が強すぎるかも。
※Pinikpikan(ピニクピカン)・・・生きた鶏を捌いて長時間煮込み塩でシンプルに味付けした、コルディリエラの郷土料理

自分はシシグ食べておいてなんですが、せっかくここの店に来たのならイゴロットの郷土料理を食べてほしい(笑)

▼Igorots Heavy Meal シシグ/150ペソ

▼Igorots Heavy Meal ピヌネグ/150ペソ 豚の血のソーセージ。クセのある味

ロミ好きはここに行け!「Lower Brookside の とあるカレンデリア(店名不明)」

味  ★★★
価格 ★★★
量  ★★★

間違いなくバギオでナンバーワンのLomiの店。
※Lomi(ロミ)・・・マミより麺が太くて汁が餡かけスープみたいにとろっとしてる

しかしながらBatil Patong(バティルパトン)も絶品なので是非食べてほしい・・・!

バディルパトンてなんだろう?ロミより細麺でスープもサラッとしてる。でもラーメンとはまた違う。美味しい。

▼ロミ/80ペソ

▼バティルパトン/80ペソ

上にのってる豚が・・・外はカリッ中はとろっで美味しいのです・・・。

量が多いのでお腹を空かせていくべし。テイクアウト可(容器代10ペソ)。

店の名前が分からぬゆえにGoogleマップで場所が特定できなかった。ロックダウン明けたら食べに行ってクヤに店の名前と住所聞いてきます(Lower Brookside通りを歩いてれば着く)

マク○ナルドを超えた「MINUTE BURGER」

味  ★★★
価格 ★★★
量  ★★★

全私がマク○ナルドよりも美味しいと絶賛し 一時期毎週通っていた、フィリピンでは有名なハンバーガーチェーン店のMINUTE BURGER。

初めて食べたときは感動した・・・熱々で・・・ウマい・・・。

激安チェーンなのに熱々ジューシーの理由は、注文してからアテがひとつひとつ、丁寧に(?)焼いてくれるから。

そしてこの店の一番のポイントは何といっても “BUY1TAKE1″。バーガー1個買ったら1個ついてくるというフィリピンならではのサービス精神。10種類以上から選べて全種類100ペソ以下という低価格。

ドリンクは3種類から選べるけどよく切らしていてアイスカラマンシーティーしかないことが多々(笑)

私のお気に入りはベーコンチーズバーガーと、最近出たばかりのビーフピザバーガー。サイドメニューのナチョスは、ナチョスを袋から出して冷たい(本当は熱いはずだけど温めが足りない)チーズをかけてくれるだけなので美味しくない。

▼ビーフピザバーガー/69ペソ(バーガー×2 と ドリンク×1)

リトルグッドテイスト「Jacks」

味  ★★★
価格 ★★★
量  ★★★

バギオに大人気フィリピン料理店 Good Taste っていうのがある。あそこは間違いなく安くて美味しい、地元民にも人気ナンバーワン。

問題は、とにかく量が多い。安くて大量なのでファミリー向けなんです。

「Good Taste 行きたいけど一人や二人じゃ食べきれない・・・!」そんな風に嘆いている人をよく見ます。

そんな人におすすめしたいのがリトルグッドテイスト(と私が勝手に呼んでいる)、Jacks。

料理の味が Good Taste に似てる。おまけにボリューミーで安い。野菜メニューもたっぷり。ここなら一人分の量のワンプレートでフィリピン料理が楽しめる。

▼店のイチオシ Jack’s Rice/125ペソ

いつも混んでるけど二階建てで席数も多く、回転も早いので待つことはほぼない。

しっかりした味付けの料理には、さっぱりしたキューカンバージュースもおすすめ。

▼きゅうりのジュース/30ペソ

破格のサムギョプサルビュッフェ「NARE SAMGYEOPSAL BUFFET」

味  ★★★
価格 ★★★
量  ★★★

韓国に長年住んだ私が認めるサムギョプサルのお店。

時間無制限食べ放題280ペソという安心価格(2019年11月時点)。客層は、韓国人客とフィリピン人ファミリーが半々くらい。

食べ放題だし期待してなかったのに、予想外にウマい。サンチュにくるんで食べるパンチャンも、わりと本格的。

留学生の間で有名な焼肉食べ放題「タ●マ屋」よりも断然こっちをおすすめしたい。

ただいま~と帰ってきたくなる「LUGAW REPUBLIC」

味  ★★★
価格 ★★★
量  ★★

留学中、毎日昼休みに行っていた LUGAW専門店。
※LUGAW(ルガウ)・・・フィリピンのお粥

30ペソから食べられる熱々のルガウは、間違いなくバギオで一番ウマい。

フィリピンで女子のお一人様ランチは異常に可哀想がられるので、途中からはテイクアウトして学校の中で食べるようになった(笑)

ネギは、おばちゃんにかけるかどうか聞かれる。コショウとチリは自分でトッピング。チリ激辛なので最初は少しずつかけて調整すべし。

▼一番シンプルなプレーンルガウ/30ペソ。玉子とチキンが入っても70ペソ

まとめ

以上、フィリピンバギオで私が本気でおすすめするローカルレストランでした!

バギオに来る機会があれば是非行ってみてください。

私はロックダウンが終わるまで妄想で腹を膨らませます・・・