フィリピンに恋して。
~フィリピン・バギオのリアルライフ~
バギオ

【バギオ留学体験記】WALESのインターンプロジェクトが面白すぎた話。

Magandang umaga! コノミです。

12月~2月まで、バギオのWALESという学校に2ヶ月間の語学留学をしていました!

実はバギオでの語学留学はこれで二回目。

そもそも私がバギオに入り浸りだしたのは2018年末の語学留学がキッカケなんですが、その時はMONOLという学校に3ヶ月間の留学をしました。

MONOLがバギオでもトップクラスの大規模校なのに対して、WALESは小規模校。

全く違う雰囲気でした。

どちらも経験して言えるのは、大規模校、小規模校ではそれぞれ違った良さがあって、どちらが合うかは人それぞれだと思います。

MONOLでの経験はもう一年以上前のことになってしまって情報が古い&記憶が曖昧なので、この記事ではWALESについてのみ紹介します。

注)私は今回「通学」という形で家から学校まで通っていたので、WALESの寮生活の様子や滞在に関する情報はありません。

【バギオ】WALESで語学留学

Widest Asian Learner English School(WALES)は、レガルダ通り(Legarda Rd.)をまっすぐ行って少し入ったところにあります。

徒歩圏内にセブンイレブン、ジョリビー、イナサル、マクドナルド、薬局などもあって生活には困らなそう。

バーナムパークとかも歩いて行ける距離。

私がWALESを選んだ理由

WALESの魅力①:「通学」が許可されている

フィリピン留学と言えば、

格安で学校と併設された寮に滞在できる・3食食事つき・滞在中の生活の面倒をすべて学校側が見てくれる(VISA手続き、病気になったときの対応等含め)

こういったことがメリットとして大きいと思うんですが

私の場合、彼氏と一緒にアパートを借りて住んでいるので どうしても通学がよかったんですよね。

実は「通学」のスタイルを公に奨励している学校ってそんなになくて(とくに需要もないしね)

そんな中でWALESは「通学OK」と公に謳っていたため偶然私の目にとまりました。

彼と一緒に住みながら語学学校に通いたかった私にはベストだった。

WALESの魅力②:小規模校だから実現できること

融通が利く、対応が早い

私の場合は二校経験しているのであくまでも両者の比較の話になってしまいますが、

WALESって生徒が出した要望に対するレスポンスがめちゃくちゃ早いです。

例えば授業に関する変更(時間帯の変更、科目の変更、先生の変更等)。

その日の夕方に申請用紙を提出すると、次の日には完了していることがほとんどでした。

「お金を払ってきているので一日も無駄にしたくない!」という人にとっては、とても有難いことだと思う。

小規模校だからこそできる対応なのかなと思います。

渡航前に電話でのコンサルテーションがある

日本人スタッフの金子さん(前マネージャー、現マーケティング部)の人柄がよく、大人気。

その金子さんと、渡航前に電話(もちろん日本語)でコンサルテーションがあるという至れり尽くせりぶり。

私はこの電話一本で聞きたいこと全部聞けたし、安心感が全然違った。

また学校に直接聞けるので情報が最新&正確。(エージェントを通した連絡だとどうしてもタイムラグが発生しますよね)

これは大規模校ではとても全生徒にできることじゃないと思う。

アットホームな校風

小規模校の何がいいかって、アットホームで相談しやすいんです。

留学生の中には海外が初めての人も当然いるだろうし、

とくにフィリピンって一般論でいうと発展途上国だとか治安が悪いだとかマイナスなイメージがまだまだ多くて、不安を沢山抱えたまま来る人も多いはず。

実際に留学生活が始まると、多国籍の生徒が共同生活をする中で当然トラブルが発生したり(これはマジで起こる。トイレの使い方問題とか笑)、授業や学校生活に関する相談事もでてきます。

そんな中、私が以前留学した大規模校MONOLで感じたことは、「スタッフがみんな忙しそうで相談しにくい」「職員室がピリピリしてる」。

MONOL大好きだったけど(タピオカミルクティーおいしいよ)これは唯一ネックだったことだな。

生徒数が多ければ必然的に問い合わせ件数も増えるのである程度は仕方ないですよね。

WALESは、何か相談しようとスタッフルームに行くと

先生の方から「Hi!May I help you?」と声をかけてくれました。あと、話したことのない先生が私の名前を呼んでくれたときは感動した。
(幽霊みたいに存在を消している私の名前を覚えてくれている・・・)

WALESの魅力③インターンプロジェクトがとにかく面白い!


WALESを留学先に選んだのは、完全にこのインターンプロジェクトが決め手です。

フィリピン観光省バギオ支局(Department Of Tourisum、以下DOT)との共同プロジェクト。

インターンといっても、DOTオフィスに行ってフィリピン人と一緒に仕事をする、いわゆるお仕事体験ではなく(当初はそうだったけど最近変更になったらしい)

フィリピン観光省バギオ支局から与えられる課題『バギオに来る外国人旅行者数を昨年比15%増加させる為、SNSを活用したバギオのプロモーション戦略を考えてほしい』を基に、競合調査・企業インタビュー等を行い、観光省担当者にレポート提出・プレゼン発表等を通して改善提案をする、「4週間のプロモーション企画プロジェクト」-WALESパンフレットより原文まま

というもの。

これ読んだだけでめちゃくちゃ面白そうじゃない?

私、このコースがとっても価値ありだと思ったので今から宣伝します(WALESからお金もらってません笑)

WALESのインターンプロジェクトが最強説

最強説①外部講師との屋外授業で非日常留学

プロジェクトの概要は上に書いたとおりなので割愛。

授業を主導するのは、学校が契約している外部講師です。(チャーミング、フレンドリーで、いつも自信をくれるとっても素敵な先生♪)

学校が組んだカリキュラムに沿って、毎日2時間この先生が授業を進めてくれます。

授業を行う場所は、その日の授業内容によって変わります。

学校内の一室だったり、ネット環境のあるカフェだったり、DOTオフィスだったり。
(現地集合、現地解散もあり)

▼バギオ大聖堂が綺麗に見えるカフェ

Q.費用は?

私は、ESL Flexible4週 + インターンシップ4週 = 計8週の留学期間だったのですが、それぞれのコースの授業料(2019年12月申し込み時点)は、

・ESL Flexible 4週 ¥79,100
(45分授業×5コマ)

・Internship 4週 ¥103,960
(午前:2時間のプロジェクト + 午後:45分授業×5コマ)

でした。(それ以外の費用についてはWALES公式HPを見てください)

カフェで作業する日もあるのですが、カフェ代はコース料金に元々含まれているのでカフェではお金を払うことはありません。

現地集合&解散のときにジプニーやタクシーなどの公共交通機関を使った場合のみ、その分のお金は自分のお財布から払うことになります(私は歩くの好きで基本的に歩いてた)

Q.一日のスケジュールは?

一日のスケジュールはこんな感じ。

〈午前〉
10:00~12:00 DOT Internshipコース ※内容によって9:30~

(昼食)

〈午後〉
13:30~18:00 通常授業5コマ(ESL)

午後の授業は通常のESLと一緒で科目はリスニング、リーディング、スピーキング、ライティング、ディスカッション等 自分でカスタマイズも可能です。
(プロジェクト内容と午後の授業内容はリンクしていません

ちなみに私は当時一人でジプニーに乗れず片道一時間かけて徒歩通学してたので、午後の授業を1コマカットして17時に帰ってました(笑)

最強説②超充実のスパルタ授業

「ゆったり大人留学」のイメージのWALESですが、このコースは正直言ってスパルタ。

毎日、新しい何かを学ぶ。

そして、実践型なので身についているのをリアルタイムで実感できる。

人によってはやりたくないことをやらなければいけない、ということもでてきます(笑)

例えば私の場合は「企業へのテレアポ」

社会人経験のある私。仕事柄、取引先や上司との電話は毎日のようにしていましたが、電話は一日の業務の中で一番嫌いでした。相手の表情が見えないので返答が予測できなくて、イヤなんだよね。

日本語ですら苦手なことを英語でやるのは本当に嫌すぎて前日から緊張してた。

でも、限られた時間の中で毎日決められたタスクをこなさないといけないし、それをやらないことには次のタスクに進めないので、泣いても笑ってもやるしかないのです。そして、人間やるしかなくなるとなんでもできるのです(笑)

あと、いつもお母さんのように見守ってくれる講師の先生がついててくれたのが心強かった。企業へのテレアポ当日も、最終プレゼン当日も、先生が一番緊張してたので私の緊張がほぐれました(笑)

 

一日2時間しかないっていうのも集中力アップの鍵。

マジで集中しないと時間内に終わらないし(頑張っても終わらないw)

終わらなければ自分の睡眠時間が削られるので、必死になる。

私はそこまで追い込まれないと頑張れないタイプなのでめちゃくちゃ合ってたと思う(笑)

「じゃあこのレポートを明日までに終わらせてきてね☆」

と、さらっと笑顔で怖いことを言う先生の嬉しそうな顔は今でも忘れられません。

毎日宿題ガンガンでます。

プレゼンが複数回あって、その前日の夜は寝る時間ないです。

でも、すべてのカリキュラムが終了したときに圧倒的な充実感が味わえます。

あと単純にやってる内容が面白いから苦痛ではないです。逆にこのテーマに興味が持てない人にはおすすめしないかも。

最強説③ 4週間後、本当に伸びている

4週間で英語って伸びるの?

って思うけど、パンフレットに書いてある内容のひとつひとつが、本当に4週間後に身についてる。

1週目:ディスカッション、マインドマップ作成、PPT(パワーポイント)作成、フォーマルなレポートの構造

2週目:企業へのアポ取りメール、テレアポ、企画提案書、企業へのインタビュー

3週目:資料集め、プレゼン準備、企業に対するショートプレゼンテーション

4週目:プレゼン準備、最終プレゼンテーション

って感じです。

このコースで身につくのは英語の文法やボキャブラリーというより英語をツールとして何かをやり遂げる力ですね。

ビジネスメール、テレアポ、プレゼンテーションなんていうのは普通に仕事で使える。私は仕事じゃないけど直後に使う機会があってめちゃくちゃ有難かったですね。

これだけの内容を 生徒2人(最大3人)+講師 という少人数制で教わることができるなんて、贅沢過ぎませんか?

▼プレゼンテーションの様子

最強説④実はまだあまり知られていない秘密のコース

このコースって、始まってからまだそんなに経っていなくて認知度が低いんだって(小声)

4週間で構成されたプログラムで、同時期に申し込んだ生徒がいれば複数人での受講になるけど(最大3人まで)私が受講したときには私ともう一人日本人の男の子しかいなかった。

そして他の生徒や先生は誰もこのコースについて知らなかったので本当に認知度低いと思う。

受講する生徒数が少ないのには他にも理由がありそう。

・基本的な英語力が必要
・課題が多くてわりと大変

とかかな。

フィリピン留学って、第三国でのワーホリ前の基礎固めだったり、世界一周前に英語に慣れる目的できてる人が多いイメージ。だから既に喋れる人はわざわざフィリピン留学にこないと思うけど、日本で事前学習頑張ってこのコースにトライするのは大いにありだと思う。

 

WALESは渡航前に電話でのコンサルテーションがあるんだけど、

その時に日本人スタッフの金子さんから「結構キツイですけど大丈夫ですか(笑)」って軽く脅しもはいるw

私「え。そんなにきついんですか?(笑)」

金子さん「そうですね…このコース終えた人に聞くと結構しんどいみたいです、課題とか多いので」

個人的にはそれで余計に火がついた。みんなが楽しいというフィリピン留学で、誰もがとりたくないコースってどんなもんだ?と。

結果、ちゃんとしんどかったw

でも得る物が大きかった。間違いなくお値段以上のリターンがあるよ。

最強説⑤フィリピンのリアルを垣間見れる

基本的に留学中、学校生活ってきちんと勉強ができるように色々整っているとと思うんですけど、このプロジェクトって外部講師の方と屋外での作業になるので

守られた学校生活では起こらない、フィリピンらしいハプニングが体験できたりします。

個人的にこれはかなりプラス要素。(笑)

ハプニングその1

寝ずに準備したDOTへの途中経過プレゼンの日がバギオの計画停電の日と重なり(突然知らされる)暗闇の中で携帯のライトを頼りにプレゼンする。めちゃくちゃシュール。

ハプニングその2

先生が渋滞で学校まで辿り着けず急遽カフェ集合になる。渋滞はフィリピン名物である

ハプニングその3

緊張して迎えたテレアポ当日。
企業に電話 → 電波が悪くてよく聞こえない → 緊張のあまり台本を棒読みしてしまう → 相手困惑「?????」→ ガチャッ。ツー、ツー、ツー

結果:人生で初めて英語で電話をかけるも、相手に切られてしまう

この経験を通して、私はちょっとした失敗では折れない鉄の心を手に入れた

ハプニングその4

最終プレゼン当日。私のラップトップが壊れてプレゼンテーションの画像が読み込めなくなる。その後、本番直前に解決したけどそのハプニングのせいで練習できなかった。ちなみにこれはフィリピンのせいではなく私の安いラップトップのせい

ハプニングその5

最終プレゼン当日。DOTのお偉いさんたちが揃ってマニラ出張へ行ってしまい誰もプレゼンを見に来られなくなる(そんな時のために金子さんがプレゼンの様子をビデオに収めてちゃんと届けてくれるので大丈夫です!)

ハプニングその6

最終プレゼン当日。DOTの社員さんが来られないので代わりに学校の先生たちが見にきてくれるかも?とのこと。ウケ狙いでジョークを盛り込んだのに、当日先生たちが全員忙しくて来られず、金子さんのビデオに向かって一人ジョークを連発することに。

まとめ

いかがでしたか?

ここまで読んで「自分には無理」って思う人もいるかもしれません。

私もその一人でした。流暢にしゃべれるわけではない、ボキャブラリーも圧倒的に不足しているこの状態で大丈夫かな?そんな不安を抱えながらでしたが、先生のサポートがあれば大丈夫!そして「英語」以上に価値のあることを学べます。

以上、フィリピン留学を考えている人は、バギオにある語学学校WALESのインターンプロジェクトはお値段以上の価値があるから選択肢のひとつに入れた方がいいよ、というお話でした!