フィリピンに恋して。
~フィリピン・バギオのリアルライフ~
バギオ

【女子必見】バギオのローカル美容院でカット+ストパーをしてみた話

Magandang umaga! コノミです。

 

バギオにきて3ヶ月。そろそろ髪のダメージが隠せないレベルになってきました。

前回美容院に行ったのはいつだったかな。半年くらい前に日本の美容院でカットしてもらったのが最後かもしれない。

もともと癖が強く剛毛な私の髪の毛は、フィリピンの水、そして排気ガスにやられてもうボロボロです。

というわけで、

バギオのローカル美容院に行って髪をメンテナンスしてきました!(二回目)

2018年12月にも一度行っているサロンに、もう一度行ってきました。

ちなみに前回はカラーしてもらったんですけどバギオで美容院に行こうと思っている女性にはわりと参考になると思うのでこちらの記事がおすすめ。→【過去記事】【女子必見】バギオのローカル美容院で黒髪を手に入れた話

SALON’d BAGUIO n’ SPA

タクシーには、「PURE GOLD BAGUIO」と伝えましょう。

そのPURE GOLD(スーパーマーケット)と同じ通り沿いにあります。

真ん中にあった紫色のソファが壁際に寄せられていた以外は、店員さんも、価格も、アットホームな雰囲気も以前と変わっていなかった。安心。

しかも当時撮った写真を見せると、なんと私のことも、話した内容までも覚えていてくれた!嬉しい!!

今回も同じ人(オーナー)にやってもらいました♪

フィリピン de カット+ストレートパーマ

今回は、

・Hair Cut - P100(約210円)
・Hair Straightening - P500(約1080円)※ロング料金有り

をお願いしました。

実は、フィリピンのカット試してみたかったんだよね。

というのも、男性の「フィリピン ローカル床屋でカットしてみた」みたいなのはよく見るけどフィリピン女性のカット情報があまりなくて。

まあ、みんな怖いからやらないんだろうけど。わかる。(笑)

だから私がやってみました^^

 

あと、

「ねえ、どうしてアテの髪はこんなに硬いの?指もとおらないよ!みて。私の髪はサラサラだよ」
※アテ=タガログ語で「お姉ちゃん」の意。

と、会うたびに悪びれもなく言ってくる彼の妹(10)に

「アテの髪、サラサラになったね!」

と言ってほしいその一心で、ストレートパーマも追加。

秒速で終わったヘアカット

まず驚いたのが、鏡の前に座ってからカットが終了するまでの時間がおよそ10分程であったということ。

日本なら、まず椅子に座って、飲み物は何がいいか聞かれて、自分に合った雑誌が出てきて

それから ヘアスタイルの相談をスタイリストとしますよね。

「今日はどうしますか?…なるほど。じゃあ長さはこのくらい切って、あまり軽くなりすぎないようにね。サイドはどうしましょう?少し段いれても大丈夫ですか?前髪は・・・」

みたいな。

この、ヘアスタイルの相談というのがほぼない。

ほぼない というのはどういうことかというと、

一応聞かれるんだ。でも

スタイリスト「このくらい?わかった!」

で、終了。次の瞬間には大切な髪の毛にハサミを入れられてます。

そして斜め左上にテレビがあるのでそれを見ようと2ミリくらい頭を動かしたら

「ああっ!ずれちゃった。あなたが動くからー!」と怒られます。

ちなみにフィリピン人の彼が通う床屋では、髪を切りながら「今日はどんな感じにする?」と聞かれるらしいです。

髪型で失敗したくない人は

しっかりと自分の意思を伝え、納得のいくまで注文を伝え続けることをおすすめします。
(※納得のいくまで注文を伝え続けたところでカットが成功するかどうかは別問題になります)

意外とイケたストレートパーマ

私は怯えていた。

なぜなら、前回ここでカラーをしてもらったときに染料を塗られてから二時間放置されたからだ。

また二時間放置されたらどうしよう・・・。

日本だと耳につけてもらえるビニールの耳カバーがないので、鼻をツンとつくようなにおいの薬剤が耳にダイレクトに触れる。

肌が弱い人はちょっと怖いかも?しれないので注意が必要。

結局、二時間放置されるということはなく50分ほどでお迎えがきました^^

▼私の施術を待っている間にフットスパで赤ちゃんの足を手に入れた彼氏

そして最後にこう言われました。

「三日間、髪の毛洗っちゃダメだよ。」

身体は洗っていいよ、と謎のアドバイスをもらったけどそんなことはわかってる。そして、

「大丈夫だよ、バレンタインデーに髪の毛洗えないだけだから!」と言ってまた大きな口あけて笑ってました。愉快だ・・・

It’s more fun in the Philippines!

恐怖のシャンプー

日本の美容院だと、シャンプーの時間はとっても気持ちよくて毎回楽しみなんだけど、フィリピンの美容院でシャンプーは、私が最も恐れている時間。

なぜなら、前回めちゃくちゃ雑なシャンプーで痛い思いをしたから。

そしてやっぱりシャンプーがお下手なのは一年以上たった今でも変わってなかった。涙

思わず(おいおい、家で自分の子どもにシャンプーしてんじゃないんだから・・・)と言いたくなる。


しかも今回、片手でシャンプーしてくる。

 

どう見てもお手隙の右手を頑なに使おうとしないんだ。濡らしたくないのか。

パーマ剤が浸透した髪の毛を左手だけで洗ってくるから、引っかかるし、あちこちに引っ張られるし

 

めちゃくちゃ痛かった。涙

 

しかも「三日間髪の毛洗えないから、今しっかり洗っといてあげるからね!」と言われて、その後痛いのを我慢して30分大人しく洗われ続けた。

我慢強い、日本人。

▼当たり前に床に置かれているドライヤー

仕上がり ビフォー&アフター

バギオのローカル美容院でカット+ストレートパーマをしてもらった結果。

▼(左)Before (右)After

ちなみにカットは、最初「できたよ!」って言われて見せられたときは「冗談でしょ?私でもできるわw」と思わず吹き出すレベルで

修正に修正を重ねたものがこちらです。

まあ、でも100ペソだからね。価格相応の質の提供といったところじゃないでしょうか。

日本で通っていた美容院の担当さんに写真送ったら

「今見ただけでも直したいところがたくさんある~^^♪」

と嬉しそうに言っておられました(笑)

やっぱり日本の技術といいサービスといい、すごいなあ。世界一なんじゃないか。

でも、今回は彼と彼のお母さんが褒めてくれたので満足です!

まとめ:バギオのローカル美容院事情(女子向け)

・カラー – P500
仕上がりに目立った問題はないけど、私の場合茶色かった髪を黒く染めたので正直良し悪しがよくわからない。二時間放置されることがあるので直後に予定をいれないほうが良いでしょう。

・カット – P100 ←安いところだとP80~あるらしい
仕上がりに問題あり。
一瞬で終わります。

・ストレートパーマ – P500~ ※ロング料金:P800
今のところいい感じ。どのくらいサラサラが持続するのか今のところ不明。
フィリピンで人気のRebond(P1500)もあるけど、オーナー曰く仕上がりは変わらないらしいので安いストレートパーマでいいかな。

【裏話】オーナーが〇〇だった

今回の美容院体験談、実はちょっとした裏話があって。

せっかくなのでシェアしますね。

2018年12月。

私がここのサロンに初めて行った日は、実は私が彼氏と初めて出会った日でもあったんだ。

本当はダウンタウン近辺のMaharlika Buildingという美容院がたくさん入ってる雑居ビルに行こうと思ってたけど、

その日乗ったタクシー運転手に日曜日は激混みだから絶対やめたほうがいいよって言われて

特にこだわりもなかったし待つのも嫌だったので、言われるがままにその人おすすめのところに連れて行ってもらった。ー 【過去記事】【女子必見】バギオのローカル美容院で黒髪を手に入れた話 より


この、私たちをここのサロンに連れて行ってくれたタクシードライバーが、今の彼。

ちなみに美容院に連れて行ってもらう前に彼とランチしたお話がこちら→【過去記事】バギオでタクシー運転手をランチに誘ったら人生変わっちゃった話

それで、二人が初めて出会った日に行った美容院に、今度は二人で一緒に行こう!ということになって、今回行ったんですね。

彼を紹介したら、オーナーが大爆笑。

「あの時のタクシー運転手があんたなの!?!」

私はまったく記憶にないんだけど、そのタクシー運転手が親切な人だったっていう話をオーナーにしていたらしい(笑)

それから、

オ「あんた、実家はどこ?」

彼「〇〇です」

オ「苗字は?」

彼「〇〇です」

オ「あんたのお父さん、〇〇でしょ!私の旦那、あんたのお父さんの親友だよ!!そして、私はあんたのゴッドマザーだ

ここで、その場にいた誰も知らなかった新事実が発覚。

オーナーが、彼のゴッドマザーだというのです。

代母、女性の後見人。キリスト教の宗派カトリックにおいて、子供の洗礼式に立ち会って名を与え、霊魂上の親として保護する役割を担う、実親でない成人信者の女性を指す(男性の場合は「ゴッドファザー」)。コトバンク「ゴッドマザーとは」

簡単に言うと、キリスト教カトリックにおいて第二の母親として子どもに知恵や良識を与える役目を担う人のこと。(ちなみに私も彼の甥っ子ちゃんのゴッドマザーです)

フィリピンでも地域や宗教、家庭よっても厳しく定められていたり様々ですが、バギオはわりとゆるっとしてる。なんでも、一人の子どもに対してゴッドマザー/ゴッドファザー(Ninang/Ninong) が沢山いることはこの辺りでは普通なので、子ども自身も自分のゴッドマザー(ゴッドファザー)が誰なのか、把握しきれていない場合が多い。

 

彼も、オーナーがゴッドマザーってことを26年間生きてきて初めて知ったらしい。(笑)

 

▼ゴッドマザー、ゴッドソンの26年越しの再開に立ち会う彼女

ゴッドソン(God Son)へ26年分のプレゼントだと言って、250ペソのフットスパを無料にしてくれましたw ※一年間10ペソの計算になります

そして私のカット代100ペソも無料にしてくれて

ストレートパーマのロング料金 800ペソ(約1700円)だけお支払い。

What a small world BAGUIO!!! と言いながら幸せな気持ちで彼と帰りました^^

 

髪の毛はガタガタになったけど、信じられないような偶然があって、素敵な一日になったなあ。

ここの美容院は通い続けると思う。